代襲相続の制度について

代襲相続については、民法887条2項と889条2項に規定があり、相続の開始以前に、相続人となるべき子・兄弟姉妹が死亡または欠格事由があり若しくは廃除された為に権利を失ったときは、その者の直系卑属がその者に代わって相続分を受けます。代襲者となるのは、相続人および被相続人の直系卑属で、兄弟姉妹の場合には相続人の子および被相続人の傍系卑属に限られます。そして、これらの代襲者は、開始時に少なくとも胎児であることが必要で、被代襲者が養子であった場合において、養子縁組前の子には代襲権がありません。また、代襲の原因は、開始以前の死亡と891条にある欠格事由、廃除の3つに限られており、開始後に欠格事由が生じたり、廃除の審判が確定したとしても代襲は可能です。更に、再代襲というものもあり、代襲者に代襲の原因が発生すれば、その子が代襲者となります。以上より、代襲が認められると、被代襲者と同一順位で相続分を受けます。

青梅市 賃貸 新築一戸建て

http://kitte-rank.com/

低金利でお金を借りたい方はぜひご覧ください

金額の相談は出来ますか?

高額請求や違法処分は一切ありません!低価格で安心してご利用頂けるサービスをご提供します!